【入場無料】Maison de Caran d'Ache ~849 50周年アニバーサリー~

Description

Maison de Caran d’Ache (メゾン・ド・カランダッシュ)

~849 50周年アニバーサリー~

***当日はチケットがなくともご入場いただけます。***

1915年にスイス ジュネーブで鉛筆工場からスタートした筆記具/画材ブランド
カランダッシュのアイコン的筆記具コレクション849(はちよんきゅう)が
2019年の今年、50周年を迎えました。

六角形のボディと遊び心のあるデザイン、そして様々なアーティストやブランドとの
コラボレーション商品を毎年発表し、コレクターズアイテムとしても人気の849の
50周年軌跡を振り返りながら、ライフスタイルという視点を通した新たなカランダッシュを
発見していくイベントとなっています。


<開催概要>

開催期間:2019年6月8日(土) 10:00~20:00

     2019年6月9日(日) 10:00~19:00

会場:銀座 伊東屋 G.Itoya 10F HandShake Lounge

参加費:無料(ワークショップのみ有料)



<パネル展示―849の秘密>

849の名前や六角形のボディの由来、そして滑らかな書き心地の秘密などをパネル展示で解説します。


<トークショー>
各界プロフェッショナルの視点を通して、カランダッシュや849とは、
そして“書く”ことの意味についてお話を伺います。

6月8日(土)14:00~15:00  スイス建築×カランダッシュ 
黒川 彰氏
建築家/Sho Kurokawa architects 株式会社 代表取締役
一般社団法人 日瑞建築文化協会 (JSAA) 理事

=プロフィール=
1987年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2009年に卒業し、渡欧。
OFFICE Kersten Geers David Severenでの勤務を経て、
2014年にスイスイタリア語圏大学メンドリジオ建築アカデミーを修了。
同年にSho Kurokawa architectsを設立し、建築・家具・プロダクトのデザインをおこなう。
2018年に日本とスイスの文化交流プラットフォームとして
一般社団法人 日瑞建築文化協会(JSAA)を立ち上げ、理事に就任。


6月8日(土)16:30~17:30 ファッション×カランダッシュ
小野田 史氏
ブランディングスタイリスト®
ファッションパートナー株式会社 代表取締役

©Yoshiyuki Nagatomo

=プロフィール=
ブランディングスタイリスト®︎として、映像・グラフィックの宣伝広告、
国内外のファッション誌、著名人のスタイリングを行うほか、
ファッション関連のディレクションやパーソナルスタイリストのマッチング事業を手がける。


6月9日(日)13:00~14:00 日本語×カランダッシュ
木下 真理子氏
書家

=プロフィール=
兵庫県立大学 環境人間学部 非常勤講師
六歳より祖父の影響で書に触れ、書の世界で第一線の研究機関である大東文化大学に進学。
書家 青山杉雨(文化勲章受章)を継承する髙木聖雨に師事。研究分野は木簡隷。
中国・日本で古来受け継がれてきた伝統文化としての書を探求。
漢字の五書体(楷書・行書・草書・隷書・篆書)を書き分ける。
日本の伝統文化における様々なプロジェクトをコーディネイトし、エッセイも執筆。


6月9日(日)15:30~16:30 スイスのものづくり×カランダッシュ
アンドレ・ツィメルマン氏

LINDT & SPRUNGLI JAPAN株式会社 代表取締役

1953年、スイス・チューリッヒ生まれ。
スイスにてファッションから自動車整備、金融市場に至るまで幅広い教育を受ける。
イギリスにてリーダーシップとイノベーション、変革の修士号を取得。
2008年、日本市場におけるLindt & Sprungliのリテールビジネス立ち上げから携わり、
現在では47のショップと約800名のスタッフを抱え、同企業の中心事業となっている。
高い品質と価格のバランスがとれたリンツは日本の市場において、最も人気のある
チョコレートブランドのひとつとして成長。
現在もセミナーやイベントにおいて、消費者からの声を直接ヒアリングする場を設け、
高い顧客満足度を維持している。
30年以上にわたる東京での生活を通して、チョコレートがもたらす歓びを広めることに情熱を傾けている。
少林寺拳法黒帯保持者。



<ワークショップ>
849ではじめる コミュニケーションのためのスケッチ1
スケッチというと、難しいテクニックやセンスが必要だと思っていませんか?
実はいくつかのステップを踏むだけで、誰でも分かりやすく伝えるためのスケッチを
描くことができるようになるんです。
滑らかな書き味が魅力の849を使い、イラストレーターならではの視点からお教えします。



開催日程:
2019年6月8日(土) 12:30~14:00
2019年6月9日(日) 14:00~15:30

参加費:税込5,400円(849ボールペン付)

定員:各回12名(要予約)

目標:詳細な絵、上手な絵ではなく、そのときの思考、アイデア、ヒント、
目の前のモチーフなどを書き出す。ノートやメモパッドにボールペンを使って
素早く描くことに重点を置く。

構成:
① チェックイン(参加者の自己紹介/講座の説明) 
②知る(849ボールペンの特徴、持ち方)
③ 練習する(線と円のドローイング) 
④並べる(図形のレイアウト)
⑤ 描く(④の中にスケッチする)
⑥話す(⑤を話して共有する)
⑦ チェックアウト(今日の感想)

講師:ハヤテノコウジ
イラストレーター、自由大学「スケッチジャーナル学」講師。
独自のスケッチジャーナル手法で、多彩に活躍中。
著書『東京 わざわざ行きたい街の文具屋さん』他。

ご予約方法:チケットを本サイトよりご購入ください。
※小学校高学年以上対象のイベントとさせていただきます。

<物販コーナー>
849のボールペンやメカニカルペンシル、更には万年筆やノートブックなど、
849のファミリーや限定商品などをお買い上げいただけるコーナーです。
当日イベント会場にてお買い上げいただいたお客様には無料で名入れのサービスをいたします!(先着限定本数)


<スイスカフェ>
カランダッシュの故郷であるスイスをちょっぴり体感できるカフェです。
疲れた心と身体を癒してくれる薫り高いコーヒーとチョコレートをお楽しみください。


<体験コーナー>

滑らかな書き心地が特徴のゴリアットカートリッジを、様々なコレクションで試し書きができるコーナーです。


****************************************************************

849コレクションとは




1915年にスイス・ジュネーブの鉛筆工場としてスタートした
カランダッシュのルーツを受け継ぐ、六角形のボディと豊かなカラーリングやデザインで
1969年の誕生以来、50年に亘って愛されてきた筆記具が849(はちよんきゅう)コレクションです。
2012年以降は、様々なブランドやアーティストとのコラボレーションにより、
筆記具でありながら、アーティストにとってのもうひとつのキャンバスとなっています。

継ぎ目のない滑らかな一体型ボディと静かなノックボタン、故障しにくいシンプルな構造、
そして距離にして約8km、A4用紙にして600枚の筆記量を誇るゴリアットカートリッジが相まった
849コレクションはコレクターズアイテムとしても人気です。
また、クリップの下に隠れるカランダッシュのロゴが、ブランドの誇りとコンセプトを体現しています。



カランダッシュ(Caran d'Ache)とは

1915年にスイスのジュネーブで鉛筆工場として創業し、現在は高級筆記具、オフィスライン、
画材をスイスの自社工場で手掛けている総合筆記具ブランドです。
1世紀以上の間に培われてきたノウハウと技術力、そしてスイスの精密加工技術を得意とする伝統を
ベースとしながら、革新的な商品を世に送り出してきました。
鉛筆の六角形の形状からヒントを得たエクリドールや849ボールペンは、そのユニークな形状と滑らかで
約8kmの筆記量を誇る“ゴリアットカートリッジ”と併せて、世界的に高い評価を得ています。


facebook: carandachejapan
Instagram: carandache_japan
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#437015 2019-05-23 06:18:00
More updates
Jun 8 - Jun 9, 2019
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券<6月8日(土)>
入場券<6月9日(日)>
【6月8日(土)12:30-14:00】849ではじめるコミュニケーションのための スケッチ1 ¥5,400
【6月9日(日)14:00-15:30】849ではじめるコミュニケーションのためのスケッチ1 ¥5,400

On sale until Jun 8, 2019, 7:00:00 PM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jun 7, 2019.

Venue Address
中央区銀座2丁目7−15 Japan
Organizer
カランダッシュジャパン
17 Followers